肌断食に失敗する理由・トラブル・成功後の美肌効果について

menu

肌断食に成功する秘訣と効果 by Maman

スキンケアを変えてから4年。年々、肌の状態は良くなり気づいた。最も大切なこと。

私が、肌断食を始めたのは、4年ほど前だったと思います。

メイクが好きだったこともあり、完全な肌断食から徐々に今のシンプルスキンケアスタイルに切り替えたのですが、肌が荒れやすい冬が来る度に、肌の状態が良くなったことを実感します。

「ここまで来るのに4年かかった」とも言えますが、30歳を越えてもステップアップ出来ることを嬉しく思います(*^^*)

たった数ミリの角質の状態が良くなるだけで、若く見えることにも驚いています。肌の状態が良くなるだけで、ハリも出るし、ツヤ感も出るんですよね。

30歳を越えると、顕著に老化現象が出てきますよね。私も、もちろん、たるみなどは気になりますが、「若返った?」とたまにあう友人に言われるようになりました。

一番大切なことはスキンケアよりも生活習慣

肌を綺麗にしたい!若返りたい!と考えたとき、基礎化粧品を変えたり、念入りにスキンケアすることに注力しがちですが、シンプルスキンケアをする中で、スキンケアで大切なことは、肌に負担になる行為を避けることと、少し助けてあげることだけと思うようになりました。

負担の大きいクレンジングを避けるために、メイクをしない。もしくは、ミネラルメイクに切り替える。

紫外線ダメージを避けるために、日傘をさす、もしくは、ミネラルUVを使う。

ちょっと弱ってるかな?という日は、保湿で助けてあげる。

スキンケアは、シンプルなものです。

それよりも大切なことは、肌を作る食事や睡眠。肌作りを妨げる、ストレスや生活習慣の乱れを避けることです。

これに気付いて、インナーケアや睡眠に力を入れるようになってから、肌は加速度的に強くなり、体力そのものも向上し、ストレス耐性も強くなったと思います。

当たり前といえば、当たり前で。。。

あれこれ塗るよりも前に、肌細胞そのものをしっかり育ててやる必要があるんですよね。

とういことで、きっかけは肌断食という手段かもしれませんが、本当に大切なことは生活習慣を整えてあげることに落ち着くという話でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


肌断食中のお助けメイクアイテム

レイチェルワイン480×120
レイチェルワインの口コミは、姉妹サイトでご紹介しています。

プロフィール

小学校高学年に出始めたニキビから始まり、30代になるまでゴワツキ、毛穴、テカリ、キメなし、敏感、乾燥などあらゆる肌荒れに悩まされてコスメジプシーをしてきました。

肌断食を始めたことで自分史上最高の肌を手に入れましたが、「肌断食は簡単ではない!」と思ったことから、肌断食で素肌を美しくしたい人の参考になればと思いこのサイトを立ち上げました。

詳しいプロフィール>>>About me

<姉妹サイト>
Maman's美肌を育てるコスメ
肌断食はできない人におすすめのシンプルスキンケアを紹介しています。
Mamanの30代からのスタイルアップ
妊娠・出産・老化によるスタイルの崩れに子育て中でも継続可能な方法のみを厳選して取り組んでいます。